2017年4月26日水曜日

Shrouded In Neglect (S.I.N.) シュラウディッド・イン・ネグレクト


アーティスト名:
Shrouded In Neglect (S.I.N.)
[シュラウディッド・イン・ネグレクト]

所在地・国:
アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 ピッツバーグ

日本語版HP:http://artists.topmusic.jp/shroudedinneglect




ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のメタルバンドShrouded In Neglect(S.I.N.)[シュラウディッド・イン・ネグレクト] は、ここ数年間でヘヴィーなサウンドに磨きをかけてきた。

2014年、デビューミニアルバム「The Haunting」(ザ・ホンティング)をリリース。

この5人組は、意義のある歌詞とヘヴィー・サウンドをミックスした高エネルギーのライブが得意。

「破壊力のあるパフォーマンス。このバンドのライブを見る機会があったら、ぜひ行ってみよう。」― Sean B、Iron City Rocks(アイロン・シティー・ロックス)

バンドメンバー:
Chris Lively(クリス・ライブリー):リード・ボーカル
Jake Marker(ジェイク・マーカー):ドラム、パーカッション
Nate Kepner(ネイト・ケプナー):ギター、ボーカル
John Gillette(ジョン・ジレット):ギターRocky Johnson(ロッキー・ジョンソン):ベース

「我々にとってShrouded In Neglect(シュラウディッド・イン・ネグレクト)は人生そのもの。バンドが一体となって、音楽だけでなく、その全身全霊を注いだパフォーマンスを披露する。音楽は人生の源。そして、ライブは我々に情熱を与えてくれる。」― Nate Kepner(ネイト・ケプナー)S.I.N.のベース奏者。

S.I.N.は忍耐と希望が報われることを証明した。全米レベルのバンドのオープニング・アクトとして独立したショーのブッキングに成功た。Mushroomhead、Drowning Pool、John 5、Powerman 5000、Islander、Love and Death、Thousand Foot Krutch、10 Years、Suicide Silence、Adrenaline Mob、Otep、HED PEなどのオープニング・バンドとして演奏した経験がある。

その忍耐と希望のおかげで、バンドはスポンサー契約や宣伝広告契約を結んできた。現在、S.I.N.はDirtbag Clothing、GHS Strings、Coldcock Whiskeyなどとスポンサー契約。2015年と2016年のNAMM(National Association of Music Merchants 全米楽器製造業協会)のショーで Evolution Guitars(エボルーション・ギター)社の代表として参加した。

2014年、ウェストバージニア州のホイーリングで行ったRiver City Ale Works(リバー・シティー・エイル・ワークス)のバンドバトルで優勝。2014年と2015年、ペンシルベニア州ピッツバーグでIron City Rocks(アイアン・シティー・ロックス)のベスト・メタル・バンド賞にノミネートされた。

S.I.N.のミュージックビデオ3本をYouTubeで試聴可能。その3本は、デビューミニアルバム「The Haunting」(ザ・ホンティング)中のタイトル曲、「Rise」(ライズ)、そしてリリース予定アルバム「Kill All Humans」(キル・オール・ヒューマンズ)の最新曲「Tools of Sin」(ツールズ・オブ・シン)。

現在、S.I.N.は新曲を制作中。新アルバムは2017年の初夏にリリース予定。ユニークなヘヴィーサウンドを世界中に広がるためにライブも続けている。

「とてもヘヴィー・・・すごくパワフルなサウンド・・・やみつき!」― Lee Peer、NMOラジオ

「S.I.N.はスラッシュが大好き。ライブのたびにスラッシュしまくり。」― Jason Hann 、Pennsylvania Music News(ペンシルベニア・ミュージック・ニュース)

「S.I.N.の音楽はどんなジャンル?」と尋ねられたギタリストJohn Gillette(ジョン・ジレット)の答えは「ジャンルなんてない。メタルだけ!」と答えた。







2017年4月25日火曜日

A Love Electric ア・ラブ・エレクトリック

アーティスト名: A Love Electric (ア・ラブ・エレクトリック

ジャンル: ロック、ポストロック、ジャズ・フュージョン、ジャムバンド

日本語版HP: http://topmusic.jp/artist.php?products_id=1596



Todd Clouser(トッド・クラウザー) ― 進化しよう

「Todd Clouser(トッド・クラウザー)はどんなジャンルにも属さないし、属したいとも思わない。」とNPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)は、若いギタリスト、ボーカリスト、ソングライターであるTodd Clouser(トッド・クラウザー)のことを表現した。

ミネソタ州のミネアポリス育ちでマサチューセッツ州のボストンにあるバークリー音楽大学を卒業したクラウザーは現在メキシコ市在住。彼は今どきの音楽業界には珍しく、多作作曲し、数多く演奏する。2011年~2016年、4大陸にまたがって、約1000回コンサートを行った。

クラウザーの音楽は70年代のロック、作詞作曲、即興音楽の影響を受けた。

2012年2月~2013年に、彼はニューヨーク、ブルックリンのレーベルRoyal Potato Family(ローヤル・ポテト・ファミリー)からアルバム3枚をリリース。ジャズやロックの評論家から賞賛を得た。同時期に、メキシコでは公表詩人、短編小説作家、コミュニティの慈善家としても誠意的に活動。

「激しい」― Prague Post(プラハ・ポスト誌)

「素晴らしい...とても心を啓発させる」― NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)

「まるで宝石。 ギタリストBill Frisell(ビル・フリゼール)のアメリカン・サウンドにJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の情熱的なスタイルを添えたサウンド。」― Phildaelphia Inquirer(フィラデルフィア・インクワイヤラー誌)

クラウザーはバンドA Love Electric(ア・ラブ・エレクトリック)のリーダーで、メキシコ、アメリカ、ドイツ、チェコ、スペイン、モロッコ、パナマ、アルゼンチンやパタゴニアでツアー。キーボーディストJohn Medeski(ジョン・メデスキー)、ドラマーBilly Martin(ビリー・マーティン)、ギタリストArto Lindsay(アート・リンゼイ)およびLounge Lizards(ラウンジ・リザード)のサックス奏者John Lurie(ジョン・ルーリー)と共演。

「激しい」― Prague Post(プラハ・ポスト誌)

「素晴らしい」― NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)

「心を啓発させる」― Time Out Barcelona(タイム・アウト・バルセロナ誌)

「これは大当たり!近年では最もプログレッシブで重要なグループの一つ。」―メキシコ市の主要新聞La Jornada(ラ・ホルナダ)

クラウザーの最新ソロ・アルバム「Man With No Country」(マン・ウィス・ノー・カントリー)は、伝説のドラマーBilly Martin(ビリー・マーティン)のレーベルAmulet Records(アミュレット・レコード)から2013年9月にリリース。マーティンはアルバム内の複数の曲で演奏。11曲入りのアルバムは、ニューヨークの中心で伝説のプロ―デューサー兼バンドGolden Palominos(ゴールデン・パロミノス)の結成メンバーAnton Fier(アントン・フィアー)によってプロデュースされ、激しい歌詞とエキサイティングなサウンドを盛り込んでいる。

「Man With No Country」は今までのクラウザーの作品の中でも最も繊細なアルバムで、クラウザーのクリエイティブな音楽に対する良心を駆り立てる。

アメリカ、中米、西ヨーロッパ中のステージやスタジオに現れて、冒険や発見を繰り返しながら情熱的なパフォーマンスを披露する。







2017年4月15日土曜日

The Ricky Ray Pope Show ザ・リッキー・レイ・ポープ・ショー

アーティスト名:
The Ricky Ray Pope Show
ザ・リッキー・レイ・ポープ・ショー

国:アメリカ合衆国 ジョージア州

日本語版HP:
http://artists.topmusic.jp/therickyraypopeshow


The Ricky Ray Pope Show (ザ・リッキー・レイ・ポープ・ショー )はRad Ray Terrell(ラッド・レイ・テレーレ)とRicky Cratty(リッキー・クラティー)の二人組。

レイは80年代~90年代にジョージア州のアトランタ出身バンドMXのメンバーとしてロックを作曲・プロデュースした。MXはアルバム8枚をリリースし、コミックブック「MX Superhero」を出版。詳細情報は http://radicalraypublishing.com に掲載。

リッキーはレイの甥で、ヒップホップ・ラップをプロデュースする。

最近、2人はオルタナティブ・ロックとフォーク・ラップをフュージョンしたデビューアルバム「The Ricky Ray Pope Show」を協力して制作。

同じPope(ポープ)一族だから「Pope」をバンド名の一部に使った。

レイはギター、ボーカル、ベース担当。リッキーはキーボード、ドラム、ラップ担当。

彼らの音楽は、現代の問題、そして家族、友達など彼らにとって重要なことをテーマとする。

彼らの音楽をエンジョイして、みんなと共有してください。YouTubeでビデオもご覧ください。